素材管理

サイトで利用する素材ファイルをFTPを介さずにサーバーにまとめてアップロードし、ラベルまたはフォルダで管理する機能です。
画像ファイルの場合、管理画面上でサイズ変更やトリミング、反転などの編集ができます。
また、担当者ごとに素材ファイルを個別に管理したり共有も可能です。
管理者と担当者で使用できる機能が異なります。

■ 素材管理への入り方

  1. bingo!CMS管理画面にログイン
  2. 画面上部の黒いツールバーから、素材管理 をクリック
    または、素材管理に対応した各ユニットの編集画面より、ファイルの 選択 をクリック

素材ファイルを追加する

■素材ファイルの追加について

アップロードできる素材ファイルの種類は下記の通りです。
画像(jpg、png、gif、svg)、swf、PDF、Excel、Word、PowerPoint、zip形式・Lzh形式の圧縮ファイル

管理者・担当者がアップロードした素材を共用する場合は 共有 の操作が必要です。詳細は下記をご確認ください。
素材ファイルを共有する
  1. 素材管理の ファイルを追加 をクリックします。
  1. 任意のファイル(画像など)を選択します。
  1. 素材ファイルのアップロード情報が表示されます。
    このとき、ポップアップウィンドウ内の 最適化 ボタンをクリックすると、画像を最適なサイズに圧縮できます。
    圧縮はアップロード完了後も操作できます。

閉じる または右上の x をクリックしてポップアップウィンドウを閉じます。
  1. 素材ファイルのアップロードが完了しました。
    追加した素材ファイルは画面左上に表示されている ライブラリ で確認できます。
  1. 素材ファイルの各項目は下記のとおりです。
    ① チェックボックス
    素材ファイルを選択する際はここをクリックします。
    ② 素材ファイルのファイル名
    素材ファイルのファイル名が表示されます。
    ③ 歯車アイコン
    素材ファイルのファイル名が変更できます。
    ④ 素材ファイルのサムネイル
    素材ファイルのサムネイルが表示されます。クリックで拡大表示します。
    ⑤ 素材ファイルの情報
    拡張子やサイズを表示します。
    jpgとpngは最適化(画像ファイルのサイズ圧縮)に対応しています。
    ⑥ 素材ファイルのURL
    素材ファイルの保存先が表示されます。
    http(s)://サイトURL/global-data/ユニークなパス.拡張子
     

素材ファイルを削除する

■ 削除について

削除した素材ファイルは、ゴミ箱に入ります。
ゴミ箱に入った素材ファイルを使用したい場合は、ゴミ箱から取り出します。
ゴミ箱の素材ファイルは、ゴミ箱から削除するまたはゴミ箱を空にすると素材管理から完全に削除されます。
ただし、素材ファイルを素材管理から削除しても、すでにテンプレートやコンテナ、ユニットに設定した素材ファイルは削除されません。
テンプレートやコンテナ、ユニットに設定した素材ファイルは、それぞれの編集画面で個別に削除する必要があります。

  1. ライブラリ をクリックし、素材ファイルの一覧を表示して削除したい素材ファイルのチェックボックスにチェックを入れます。
  1. 素材ファイル操作 のプルダウンから 削除する(⇒ゴミ箱) をクリックします。
  1. 「削除されたファイルはゴミ箱に入ります。よろしいですか?」というメッセージが表示されます。問題ない場合は OK をクリックします。
  1. 素材ファイルがライブラリから削除されゴミ箱に入りました。
画面左上に表示されている ゴミ箱 をクリックするとゴミ箱に入った素材ファイルを確認できます。

■ ゴミ箱に関する操作

ゴミ箱ではさらに下記の操作が可能です。

  • 削除する(⇒ゴミ箱) … ゴミ箱に素材ファイルを入れた状態でこの操作を行うと、その素材ファイルはゴミ箱からも削除されます。
  • ゴミ箱⇒ライブラリ … 素材ファイルをゴミ箱から取り出し、再び使用できる状態にします。
  • ゴミ箱を空にする … ゴミ箱に入っている素材ファイルを全て削除します。

※担当者はゴミ箱を閲覧・操作できません。

素材ファイルを共有する

■ 共有とは

本来、担当者は自分がアップロードした素材ファイルしか閲覧・編集することはできません。
管理者またはその素材ファイルをアップロードした担当者が共有を行うと、編集権限を問わず素材ファイルを閲覧・編集できるようになります。
共有した素材ファイルは 共有フォルダ から確認できます。

  1. 共有したい素材ファイルのチェックボックスにチェックを入れます。
  1. 素材ファイル操作 のプルダウンから 共有する をクリックします。
  1. 「共有をすると他のユーザーもこの素材を閲覧・編集可能になります。本当に共有しますか?」というメッセージが表示されます。問題ない場合は OK をクリックします。
  1. 共有ファイル に素材ファイルが共有されました。
  1. 共有ファイル をクリックすると現在共有されている素材ファイルが確認できます。
    共有をやめる場合は、手順2のプルダウンで 共有をやめる をクリックします。

    共有をやめると、素材ファイルは 共有ファイル から削除され、再び管理者とその素材ファイルをアップロードした担当者のみが閲覧・編集できるようになります。

ラベル

■ ラベルとは

素材管理にアップロードした素材ファイルを、分類・管理するための機能です。
ここで作成したラベルは素材管理内でのみ有効です。
担当者は自分が作成したラベルのみ操作できます。

ラベルを作成する

  1. ラベル管理 をクリックします。
     
  1. プルダウンから 新規ラベル登録 をクリックします。
     
  1. 任意のラベル名を入力し、任意のラベル色を選択します。
    デフォルトのラベル色は白です。
  1. 保存 をクリックします。
     
  1. ラベルが作成されました。
    ラベルは、ラベル名[作成者名](ラベルの適用数) の順に表示されます。

ラベルを適用する

  1. ラベルを付けたい素材ファイルの左上にあるチェックボックスをクリックします。
    このとき、複数の素材ファイルを選択することも可能です。
  1. ラベル適用 をクリックし、プルダウンから適用したいラベルを選択します。
    このとき、複数のラベルを選択することも可能です。
  1. 選択中のラベルは背景がオレンジ色に変わります。
     選択したラベルを適用する をクリックします。
     
  1. ラベルが適用されました。
  1. ラベル名をクリックすると、そのラベルを適用した素材ファイルのみに絞り込んで表示されます。

■ その他のラベルに関する操作

ラベル管理 のプルダウンより下記の操作が可能です。

  • ラベル編集 … ラベル名やラベル色を変更できます。
  • ラベル削除 … ラベルを削除します。ラベルを削除しても素材ファイルは削除されません。
  • 並び順変更 … ラベルの並び順をドラッグ&ドロップで変更できます。
 

■ ラベルに関する注意

  • 管理者が、担当者が作成したラベルを素材ファイルに適用した場合、その素材ファイルが共有されていなければ、担当者は閲覧・編集できません。

フォルダ

■ フォルダとは

素材管理にアップロードされた素材ファイルは http(s)://サイトURL/global-data/ に保存されます。
このフォルダ下にはさらに各ユーザーごとに個別フォルダ( http(s)://サイトURL/global-data/userxx )が存在します。
管理者は、http(s)://サイトURL/global-data/userxx と同一階層やその下層に新規フォルダを作成し、素材ファイルの保存場所を任意で移動できます。
担当者は、自分のフォルダ内のみ、下層フォルダの作成や素材ファイルの移動ができます。

新規フォルダを作成する

  1. 素材管理画面の左側にある フォルダ をクリックします。
    フォルダ管理の画面が表示されます。
  1. フォルダ管理 のプルダウンから 作成 をクリックします。
  1. 任意のフォルダ名を入力し、保存する をクリックします。
    ※半角英小文字、数字、-(ハイフン)、_(アンダースコア)20文字まで
  1. 新規フォルダが作成されました。
    既存フォルダの下層に新規フォルダを作成する場合は、既存フォルダのチェックボックスにチェックを入れてから手順1より操作を行います。

素材ファイルの保存先フォルダを変更する

  1. 素材管理画面の左側にある フォルダ をクリックします。
    フォルダ管理の画面が表示されます。
  1. 移動したい素材フォルダにチェックを入れます。
  1. 素材移動先を選択 のプルダウンから移動したいフォルダを選択し、移動する をクリックします。
  1. 素材ファイルが任意のフォルダへ移動されました。

global-data からユーザーの個別フォルダへ移動した場合、保存先のフォルダは下記のように変更されます。
移動前:http(s)://サイトURL/global-data/ユニークなパス.拡張子
移動後:http(s)://サイトURL/global-data/userxx/ユニークなパス.拡張子

■ その他のフォルダに関する操作

フォルダ管理 のプルダウンより下記の操作が可能です。

  • 名称変更 … フォルダ名を変更できます。
  • 削除 … フォルダを削除します。素材ファイルが保存された状態のフォルダは削除できません。
 

■ フォルダに関する注意

  • global-data は削除できません。
  • ユーザーの個別フォルダはそのユーザーのアカウントが存在している間は削除できません。
  • 一度作成されたユーザーの個別フォルダはユーザーアカウント削除後も保存されます。不要な場合は手動で削除します。

画像を最適化する

■ 最適化とは

画像を最適なサイズに圧縮する機能です。
圧縮率は元の画像ファイルのサイズや色数により変動するため、細かな指定はできません。
既に最適化された画像ファイルを再度最適化することはできません。
この操作は jpg、png のみ対応しています。

  1. ①最適化画質 のバーでサイズを調整してから、 ②最適化 をクリックします。
  1. 最適化した状態の画像ファイルが複製されました。

■ 最適化の例

以下の画像は圧縮率の違いをイメージしたサンプルです。
クリックして原寸大表示にしていただくと、圧縮率の違いがよりおわかりいただけます。

オリジナル:1000×667px、273.95KB

最適化画質 高:248.48KB(90%)

最適化画質 中:97.35KB(50%)

最適化画質 低:33.50KB(10%)

画像を編集する

  1. 編集したい画像のチェックボックスにチェックを入れます。
  1. 素材ファイル操作 のプルダウンから 画像を編集する をクリックします。
  1. 画像の編集画面が開きました。
  1. 機能は下記の通りです。
    ① 保存形式
    編集した画像の保存形式をプルダウンで選択します。
    「上書き保存」… 現在のファイルに上書きして保存します。
    「新しい名前で保存」… 下のテキストボックスにファイル名を入力し、現在のファイルとは別のファイルとして保存します。
    ② 画像比率
    画像編集する比率をプルダウンで選択します。
    選択可能な比率 … 4:3、正方形、ワイド(16:9)、黄金比(縦、横)、白銀比(縦、横)、サイズ追加(現在のファイルの比率を保存します)
    ③ 比率固定
    画像の縦横比を固定します。縦横比を無視する場合はチェックを外します。
    ④ 横幅/高さ
    現在のファイルサイズを100%として、画像の縦横をスライダーで編集します。
    数値で直接入力も出来ます。
    ⑤ 画像の大きさ
    現在のファイルサイズを100%として、画像の拡大・縮小をスライダーで編集します。
    数値で直接入力も出来ます。
    ⑥ 画像の回転/背景色
    ・スライダーで画像の回転を編集します。
    ・pngなど透過している画像に背景色を設定します。
    ⑦画像の反転
    画像を垂直、平行に反転します。
  1. 画像の編集後は ① 保存形式 の「新しい名前で保存」または「上書き保存」を選択し 保存 をクリックします。

    このサンプルでは、640px × 379 px の画像を80%縮小し、300px × 300px の正方形に切り抜いて別名で保存する操作を行っています。
  1. 画像が編集できました。

その他の機能

素材管理をもっと便利に使っていただける機能をご紹介します。

検索

検索 のテキストフィールドでファイル名から素材ファイルを検索できます。

名前順に並び替え

名前順に並び替え にチェックを入れると、素材ファイルが名前順に並び替わります。
並び順:数字 > アルファベット > かな

素材ファイルを全選択

素材ファイル操作の左横にあるチェックボックスにチェックを入れると、素材ファイルが全て選択されます。
※素材ファイルのサムネイルが複数ページにまたがる場合は、表示されているページの素材ファイルが全選択されます。

背景色変更

背景色変更 にチェックを入れると、素材ファイルのサムネイルの背景色が反転します。 

ページトップ