フォント管理画面の説明

ウェブフォントの追加・削除が可能になりました。(Google Fonts、FONTPLUS、TypeSquareに対応)
追加したフォントはテンプレート管理や対応ユニットでフォント選択可能になり使用できます。
管理画面上部「デザイン管理 / フォント管理」からフォント管理画面へいってみましょう。

フォント管理画面について

フォント管理画面

お気に入りに登録した場合

フォント管理画面には、すでに登録されているフォントの一覧が並んでいます。
この画面で、フォントの編集や削除ができます。
よく使用するフォントは、フォント編集画面でお気に入りに登録することもできます。

フォント登録画面について

フォント登録画面 (Google Fonts)

フォント登録画面 (FONTPLUS・TypeSquare)

  1. サービス
    Google Fonts、FONTPLUS、TypeSquareのうち、どのサービスを利用するか選びます。
  2. 使用メイン言語
    登録したいフォントが
    日本語に特徴があるものなら「日本語」を選択
    英語に特徴があるものなら「英語」を選択
  3. フォント名
    登録するフォントの名前を入力します。(日本語でも英語でも可)
  4. クラス名
    classに入力する際に使う名前です。使用時にわかりやすい名前をつけましょう。
    ※例:「Web Font」のようにスペースが入っているとclassで使用できません。「WebFont」のように入力してください。
  5. スタイル
    各サービスにより指定されたフォントファミリーをここに入力します。

  6. 「フォント定義CSSファイル(Google Fonts)」
    Google Fonts + 日本語 早期アクセスのフォントを使用する際に、指定されたcssのlinkをここに入力します。

    「発行スクリプト(FONTPLUS、TypeSquare)」
    各サービスから発行されたjavascriptタグをここに入力します。
    ※FONTPLUSでの名称…「プラン内容 / プラン専用タグ」
    ※TypeSquareでの名称…「スクリプトの発行 / スクリプトタグ」
  7. 並び順
    ここに並び順を入力すると、フォント一覧の表示順を変更することができます。
  8. 使用
    ページ編集の際に、フォント選択で使用するか選択できます。
    普段使用しない場合は、チェックをはずすとフォント選択画面で非表示にすることができます。
  9. お気に入り
    「お気に入りに登録」にチェックをいれると、フォント一覧の上部に表示されます。
    よく使うフォントはお気に入りに登録すると便利です。

​​​​​​​「TypeSquare」ご使用時の注意点

・スタンダードⅡプラン以外の場合、「発行スクリプト」はサイト設定の「アクセス解析用タグ」にご設定ください。
・スタンダードⅡプラン以外の場合、動的なコンテンツや管理画面では適用されない事があります。

ページトップ