ページ管理

『ページ管理』では、新規ページの作成、公開、削除などを行います。
この画面の『基本情報』で設定した項目は、『サイト設定』(サイト全体の設定)よりも優先して反映されます。

■ページ管理の開き方

  1. bingo!CMS管理画面上部の黒いツールバーから、『メニュー&ページ管理』をクリック
  2. 画面左側に縦に並ぶメニューから、編集したいページのメニュー名をクリック

管理画面の項目・機能について

ご覧になりたい項目をクリックしてください。

  1. ページ操作
  2. メニュー編集
    →『グローバルメニュー/ローカルメニューを追加・編集・並べ替える』へ
  3. ページの状態
    →『各アイコンについて - ページの状態』へ
  4. 公開ページを表示する(PC用/スマホ用)
    →『各アイコンについて - 公開ページを表示する』へ
  5. 基本情報
  6. ページ編集
  7. プレビューページを表示する(PC用/スマホ用)
    →『各アイコンについて - プレビューページを表示する』へ

ページ操作

『新規』と『並び順変更』以外は、該当するページのチェックボックスをクリックしてから操作を行ってください。

  1. 新規
    新しいページを追加します。
  2. 複製
    ページを複製します。
  3. 連載記事ページに変更する
    ページを連載ページに変更します。
    変更されたページは『連載記事ページ管理』に移動します。
  4. 公開する(更新する)
    ページを公開します。
    または、ページを編集後の最新状態に更新し、公開します。
  5. インデックスページとして公開する
    ページをインデックスページ(メニューのトップページ)として公開します。
  6. 公開を再開する
    非公開中のページを公開します。
  7. 公開をやめる
    公開中のページを非公開にします。
  8. 公開を申請する(担当者)/申請を却下する(管理者)
    ページ公開権限の無い担当者がページを公開したい場合、『公開を申請する』を選択し管理者へ公開申請を行います。
    公開申請をすると、管理者と申請した担当者宛に、公開申請メールが送信されます。
    公開申請中は、ページに『申請中』のアイコンが表示されます。
    管理者は、『ページ操作』のプルダウンから、許可する場合は『更新する』、却下する場合は『却下する』を選択します。
    管理者と申請した担当者宛に結果メールが送信されます。
  9. 編集中を公開中で上書きする
    編集中のページを現在公開されているページの状態に上書きします。
  10. 基本情報変更
    ページの基本情報を編集します。
    詳細は後述のマニュアルをご覧ください。
  11. ページ編集
    ページのコンテンツエリアを編集する画面に移動します。
    詳細は『ページ編集』のマニュアルをご覧ください。
  12. 並び順変更
    ページの並び順を変更します。
  13. 削除
    ページを削除します。
    この操作は取り消せません。

基本情報設定

  1. ファイル名(ページURL)※必須
    メニューに対して初めてページを作成する場合、ファイル名は自動的に「index」となります。
    2ページ目以降は自由に設定できますが、ページ公開後はファイル名の変更はできません。
    以下の○○○がファイル名です。
    https://サイト名/▲▲▲/○○○/
  2. ページタイトル ※必須
    ページのタイトルを入力します。
  3. 表示固定
    デバイスを問わず、常にPC用のレイアウトで表示させたい場合はチェックをいれます。
  4. ページタイトルタグ
    ブラウザのウィンドウバーに表示する文字列を設定します。
    未入力の場合は『ページタイトル|グローバルメニュー名-ローカルメニュー名|サイト名』となります。
  5. 公開期間(開始/終了)※開始のみ必須
    ページの公開期間を設定します。
    開始と終了日時を指定すると時限公開設定となり、指定した日時に自動で公開/公開終了となります。
  6. 開催期間(開始/終了)
    開催日時を表示できるようになります。
  7. ページキーワード(検索エンジン用)
    Metaタグ:Keywordsに表示されるキーワードを ,(カンマ)区切りで入力します。
    未入力の場合は『サイト設定』で設定した内容が反映されます。
  8. ページ説明文(検索エンジン用)
    Metaタグ:Descriptionに表示される文章を入力します。
    未入力の場合は『サイト設定』で設定した内容が反映されます。
  9. アクセス解析用タグ(ページ単位の設定)
    ページごとにタグの設定が必要なアクセス解析向けに、Googleアナリティクスなど、外部のアクセス解析サービスのJavaScriptタグを記述します。
    記述内容は<head>タグ内に出力されます。
    未入力の場合は『サイト設定』で設定した内容が反映されます。
OGPに関する参照:bingo!CMSでできるSEO:初級編
  1. OGP:Type
    ページの分類を『website』『article』から選択します。
    一般的に、「ホーム」に該当するページのみ『website』、それ以外のページは『article』にします。
  2. OGP:title
    SNS上で表示されるページのタイトルを入力します。
  3. OGP:description
    SNS上で表示されるページの紹介文を入力します。
  4. OGP:image
    SNS上で表示されるページの画像を入力します。
  5. 更新頻度
    クローラーがサイト内で巡回すべきページをわかりやすくするため、このページの更新頻度を設定します。
    最も頻度が高い場合は『always』を選択します。
  6. 優先度
    このページが同じサイト内の他のページと比較してどれくらい重要かを設定します。
    最も重要な場合の値は『1.0』です。
  7. NOINDEX,NOFOLLOW
    ・NOINDEX 検索エンジンにこのページをインデックスしないよう指示します。
    ・NOFOLLOW 検索エンジンにこのページのリンクを辿らないように指示します。
  8. 表示ボタン
    主要なSNSへのリンクボタンを表示します。
    対応スキンでのみ適用されます。

ページトップ