Google検索で「FAQ」の構造化データをマークアップする方法

構造化データ とは

サンプル画像は「鶏肉 レシピ」の検索結果画面です。
レシピがわかりやすく画像つきで表示されていて、テキストだけのレシピよりもクリックしたくなりますね。
 

これは、各ページに記述された「鶏肉のレシピ」に関する構造化データを検索エンジンが読み取り、ページの内容が「鶏肉のレシピ」であると理解したため、「鶏肉 レシピ」の検索クエリに対し表示されています。
 

構造化データには、下記のような目的があります。

  • 検索エンジンにページの内容を伝える。
    "ページに構造化データを含めて、ページの内容についての明白な判断材料を提供すると、Googleでそのページをより正確に理解できるようになります。"
  • 検索結果に様々な要素を表示させる。
    "Google検索では構造化データを利用して検索結果の特別な機能や拡張機能を有効にします。
    例えば、(中略)レシピページに有効な構造化データを含めると、検索結果が画像つきで表示されます。"

引用・参考:構造化データの仕組みについて|検索|Google 検索
 

また、構造化データは、特別な規格を用いてコードを記述します。
そのため、記述したコードはページの表側のコンテンツには表示されません。

構造化データの規格はいくつかありますが、bingo!CMSの場合、JSON-LDに対応しています。
このマニュアルでは、bingo!CMSに構造化データを記述し、Google検索の検索結果一覧にFAQを表示させる方法をご紹介します。

構造化データのコードを記述する

構造化データの記述前に、Googleが公開しているドキュメントをご一読ください。
参考:検索|Google 検索

今回はFAQ(よくある質問)の構造化データを記述するので、下記のページについてもご一読ください。
参考:よくある質問|検索|Google 検索
 

■ JSON-LDのコード記述例

<script type="application/ld+json">
{
  "@context": "https://schema.org",
  "@type": "FAQPage",
  "mainEntity": [{
    "@type": "Question",
    "name": "bingo!CMSとはどんなCMSですか?",
    "acceptedAnswer": {
      "@type": "Answer",
      "text": "bingo!CMSとは、シフトテック株式会社(神奈川県小田原市)が開発・販売を行う、Web制作会社・Webデザイナー向けCMSです。 官公庁・企業・ショップ・ECサイト等多数の制作実績があり、お客様の要望に合わせたサービス・機能を提供しています。"
    }
  },{
    "@type": "Question",
    "name": "お問い合わせフォームを設置できますか?",
    "acceptedAnswer": {
      "@type": "Answer",
      "text": "はい、可能です。フォームジェネレータ機能を使用します。 フォームジェネレータは、問い合わせ・アンケート・購入フォーム等を制作し、Webサイト内に設置することが出来る機能です。 標準搭載のため追加費用は不要、フォームの設置数は無制限です。"
    }
  }]
}
</script>
『JSON-LDのコード記述例』を参考に、コードを記述します。
適宜、必要な内容に変更してください。

■ 記述が難しい場合

コードを自動生成してくれるツールの利用をご検討ください。
一例として、下記のツールをご紹介します。
 

▼ Schema Markup Generator (JSON-LD)
https://technicalseo.com/seo-tools/schema-markup-generator/

① ページ上部の「Which Schema.org markup would you like to create?」のプルダウンで「FAQ Page」を選択します
② 「Question #1」に質問を入力します
③ 「Answer」に回答を入力します
④ FAQを追加する場合は「+ ADD QUESTION」をクリックし②③を繰り返します
⑤ FAQを削除する場合は「×」をクリックします
⑥ 出力されたコードをすべてコピーします

このツールを利用し、他の構造化データをマークアップすることも可能です。
※Google 翻訳を使用する場合、原文ページに戻してからコピーしてください。

コードをbingo!CMSに保存する

bingo!CMS の管理画面にログインし、構造化データを記述したいページの「基本情報」画面を開きます。
 

画面の真ん中あたりに「アクセス解析用タグ」という欄があるので、先程記述した構造化データのコードをコピー&ペーストし、画面を保存します。

保存したら、ページを更新(公開)します。
 

このマニュアルでは、bingo!CMS 公式サイトの「よくある質問」ページに、先程作成した構造化データの記述を保存しました。

【記述の際の注意】

サイト設定の「アクセス解析用タグ」欄にGoogleアナリティクスなどのタグを設定している状態で、ページの基本設定の「アクセス解析用タグ」欄にタグを記述すると、ページの基本設定に記述したタグが優先され、そのページに対してサイト設定のタグが機能しなくなります。
適宜、サイト設定に記述したタグも一緒に、ページの基本設定に記述してください。

構造化データ テストツールでテストする

下記サイトにアクセスします。
▼ 構造化データ テストツール - Google
https://search.google.com/structured-data/testing-tool/u/0/?hl=ja
 
構造化データのテスト画面が表示されるので、「URLを入力」欄に構造化データを記述したページのURLを入力し、「テストを実行」をクリックします。
 
「エラーなし」「警告なし」と表示されていれば完了です。
エラーや警告が表示される場合は、内容を確認し適宜修正してください。
 

■ エラーや警告の例

  • bingo!CMSにコードを記述後、ページを更新していない
  • コードをコピー&ペーストする際に、一部不要な文字がある
  • コードをコピー&ペーストする際に、一部含まれていない文字がある

検索結果に反映されたか確認する

Google 検索で該当のページを検索します。
metadescriptionの下に、FAQが表示されていれば成功です。

このマニュアル作成にあたり検証したところ、事前にGoogle Search Consoleでクロールをリクエストしたためか、5分ほどで反映されました。
 
ただし、入力したFAQがすべて表示されるわけではないようです。

Googleも、"構造化データが検索結果に表示されるとは限りません。構造化データ テストツールに沿ってページを正しくマークアップしても表示されない場合があります。"と述べています。
詳細は下記URLをご一読ください。
 
引用・参考:構造化データに関するガイドラインに準拠する|検索|Google 検索

その他のTips

ページトップ